【妊婦さんにおすすめ】妊娠中に安心して使えるトリートメントとは!?


美容師ライターのAikoです。

「妊娠中はどんなトリートメントを使ったらいいの?」とお悩みではありませんか?

今回は、妊婦さんが安心して使えるトリートメントについてお話しようと思います。
ぜひ、参考にしてくださいね
(*´ー`)ゞ

 

妊娠すると普段は気にならないことが心配になりますよね。

  • 「これ、口にしていいの?」
  • 「この製品は使っても大丈夫?」
  • 「お腹の赤ちゃんに影響しない?」

このように神経質になると思います。

普段使っているトリートメントに関しても、「大丈夫かな?悪影響はない?」と心配になる人は多いのではないでしょうか。

おなかの赤ちゃんへの影響を気にするとキリがありませんが、妊娠中や産後は、体に優しいものを使ったほうが赤ちゃんにもご自身にも安心です。

そこでこの記事では、

  • どうして体に優しいトリートメントを使ったほうが良いのか
  • 気をつけたい経皮毒のこと
  • どんな成分に気をつけてトリートメントを選べばいいのか

について詳しくお話していきます。ひとつでも参考にしてもらえたら嬉しいです!

どうして妊婦は体に優しいトリートメントを使ったほうが良いの?

どうして妊婦は体に優しいトリートメントを使ったほうが良いの?の画像

妊娠中の体はとっても敏感です。

これはホルモンの影響によるもので、例えば、

  • たくさん寝ても眠い
  • 無性に食べたいものがでてくる
  • 匂いに敏感になる

など、人それぞれなにかしら体に変化が起こります。

ホルモンの影響は、肌荒れや髪のパサつきなど、外見にも現れてきます。

 

つまり、妊娠中は体が敏感に反応しやすいため、例えばこれまで普通に使っていたものでも、刺激が強い物質が入っていたりするとトラブルを起こしやすくなる、というわけです。

そのため、

  • なるべく体に優しいもの
  • 刺激が少ないもの

を使ったほうが良いんです。

トリートメント選びでも注意して!妊娠中とくに気をつけたい「経皮毒」とは

トリートメント選びでも注意して!妊娠中とくに気をつけたい「経皮毒」とはの画像

そして、妊娠中、トリートメントをはじめとする「体に直接つけてつかうもの」を選ぶときに気をつけてほしいのが「経皮毒」です。

経皮毒とは、

「日常使っている食器洗剤や化粧品などの製品を通じて、皮膚から有害性のある物質が吸収されること」

を指します。

 

この経皮毒、皮膚から体内に吸収されると、有害物質が体外に排出されるのはたったの10%程度。その他は体内に残って、どんどん蓄積されてしまうんです。。。

そして、この有害性のある物質は、子宮にまで及ぶと言われているんです。

 

つまり、トリートメントに有害な物質が含まれていると、少なからず頭皮や首などから体内に吸収される可能性があるんです。

 

また、「経皮吸収率」についても知っておいてください。

経皮吸収率とは、皮膚が物質を吸収する割合のことを指します。

 

この経皮吸収率は、体の場所によって異なることが分かっています。

腕の皮膚を1とすると、頭皮は3.5倍。首や額に至っては、なんと6倍の吸収率があると言われているんです。

そのため、トリートメントやシャンプーなどは、なるべく体に優しい成分でできたものが好ましいんです。


でも、トリートメントはすすいでしまうから

平気な気がするけど?

と思う方もいるかもしれませんが、美容師の私の印象から言って、トリートメントのすすぎ残しがある方はとても多いです。

毛先につけているつもりが頭皮に付着していたり、流すときに首や背中などに付着したり。経皮吸収してしまう可能性はあると思います。

 

なので、経皮毒のことを考えても、お腹に赤ちゃんがいる間・産後は、なるべく有害な物質が含まれていないトリートメントを使ったほうが安心です。

妊娠中はどんな成分に気をつけてトリートメントを選べば良いの!?

妊娠中はどんな成分に気をつけてトリートメントを選べば良いの!?の画像

ここまでのお話で、妊娠中は

  • 体に優しい
  • 刺激が少ない

そんなトリートメントを選んだほうが安心だということがお分かりいただけたと思います。

 

トリートメントを選ぶ具体的なポイントとしては、

  • シリコンが入っていないこと
  • 天然成分でつくられているもの

この2つを最低限チェックしてください。

 

トリートメント剤の多くには、「シリコン」という成分が入っています。

髪の手触りを良くするために、キューティクルの剥がれた毛先や凸凹がある髪をコーティングして、髪が健康になったと錯覚させてしまう成分です。

髪をサラツヤに見せるために欠かせない成分ですが、今は、植物から抽出したオイルを配合することで、

  • 保湿
  • 手触りの良さ

を補っているトリートメントも多いです。

シリコンは髪や体に優しい成分とは言えないので、ノンシリコンタイプを選んだほうが安心です。

 

もうひとつ気をつけたいのが、「合成防腐剤」です。

日用品や化粧品の多くには、必ずと言っていいほど合成防腐剤が入っています。

これは商品のもちを良くするためのもので、体には決して良いものではありません。

妊娠中は合成防腐剤は避けて、天然成分でつくられた防腐成分を配合したトリートメントを選ぶと良いですよ。

妊婦さんにおすすめできるトリートメントは「ハーブガーデン」

では、具体的にどのトリートメントがおすすめできるか、ですが、

ずばり私の一押しは、さくらの森という福岡県にある会社が作っている「ハーブガーデン」のトリートメントです。

実はこのトリートメント、商品名は「ハーブガーデンコンディショナー」なのですが、

  • トリートメントとしての実力も十分
  • 洗い流さないトリートメントとしても使える

そんな商品なんです。

もちろん、ノンシリコンで天然成分の防腐剤を使用していますし、栄養成分も全て天然成分。体だけでなく環境にも優しいトリートメントです。

産後は赤ちゃんと一緒に使うこともできます。

私の場合、たった一回使っただけでもパサパサな髪がまとまり、ツヤも出て、驚くほど見違えりました。

流さないトリートメントとしても使えるので、ドライヤーの熱に反応して髪をサラサラにしてくれます。

もしも興味があったら、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

⇒ハーブガーデンコンディショナー公式ページへ

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか。

最初にお伝えしたように、過度に気にすることはありませんが、お腹の赤ちゃんのためにもご自身のためにも、体に優しいトリートメントを使ったほうが安心です。

妊娠中のトリートメントは、ご紹介したハーブガーデンコンディショナーのような体に優しい天然成分でつくられたものを選んでみてください。

また、有害な物質が入っていないトリートメントのほうが、健康的な髪への近道にもなります。

妊娠をきっかけに体と環境に優しいトリートメントに変えれば、何年先も美しい髪を維持できるはずですよ。

関連記事

わたしが愛用する「髪に優しいシャンプー」おすすめまとめ。

わたしが愛用する「髪に優しいシャンプー」おすすめまとめ。

安心重視!『妊娠中に使いたいシャンプー』のおすすめは?

イチ押し!天然成分で作られた洗い流さないトリートメント

悪い成分が入っていないシャンプーって?成分表の歩き方

頭皮の臭いに悩む女性におすすめしたいシャンプー

頭皮の臭いに悩む女性におすすめしたいシャンプー

頭皮は経皮毒の影響を受けやすい!?安心できるシャンプーおすすめは?

頭皮は経皮毒の影響を受けやすい!?安心できるシャンプーおすすめは?