頭皮や髪も日焼けする!?紫外線対策のポイントまとめました。

頭皮や髪も日焼けする!?紫外線対策のポイントまとめました。
Aiko

Aiko
ママさん美容師のAikoです。

実は、頭皮や髪は日焼けや紫外線の影響を受けやすいって知っていますか?

今回は、「頭皮や髪のための紫外線対策」
についてお話しますね
(*´ー`)ゞ

頭皮や髪は紫外線の影響を1番受けやすい部分!


頭皮や髪も日焼けしてしまうって、本当!?

紫外線の影響を1番受けるのは頭皮や髪なの?

 

頭皮や髪の紫外線対策、していますか?

顔や首、腕などには日焼け止めを塗るのは普通ですが、「頭皮や髪はなにもしていない」そんな人も多いはずです。

 

でも、頭皮や髪は、体の中で最も太陽に近い位置にあるので、紫外線の影響を1番受けやすい部分

髪が日焼けしても、肌のようにヒリヒリしないし、目に見えて赤くはならないので、わかりにくいですよね。

頭皮も髪に覆われて目に触れる機会が少ないので、ついつい紫外線対策を忘れて無防備になってしまいます。。。

 

しかし、お肌と一緒で、頭皮や髪も紫外線が原因で傷んでしまうんです!

この記事では、

  • 頭皮と髪の紫外線の影響
  • 紫外線から頭皮と髪を守るためのポイント

をお話ししていきます♪

関連記事:「頭皮の日焼けは要注意!ケア術と頭皮のダメージについておしえます!」

紫外線対策は晴れの日だけで大丈夫!?

髪や頭皮用の日焼け止めを使って紫外線から守る

紫外線対策は、晴れの日や日差しが強くなければ大丈夫だよね???

ところであなたは、外出するときは天気がどうであれ紫外線対策をしていますか?

実は曇りや雨の日でも、紫外線はわたしたちの体に降り注いでいるのです。

 

もちろん、太陽がカンカンに照っている時に比べると紫外線量は減りますが、「少し曇ってるかな?」くらいの天気だと、それなりの紫外線が降り注いでいます。

表に表すと、こんな感じです。

紫外線と天気

快晴を100としたときの、それぞれの天気での紫外線量を表しています。

このように、曇り空でも晴れの日の6割程度の紫外線が降り注いでいます。

お日様が照っていなければ大丈夫と思わずに、頭皮や髪のためにUVケアを心がけましょう。

紫外線がもたらす頭皮と髪への影響

紫外線がもたらす頭皮と髪への影響

頭皮や髪は、顔や首周りと違って「日焼けした」という感覚があまりありません。

日焼けしていても、髪は急激に見た目が変わらないですし、頭皮も髪に隠れているので、直接肌の状態を確認する機会が少ないですよね。

 

顔や首周り・腕などは、すぐに赤くなってシミの原因になるなど、外見にダイレクトに影響します。

そのせいか、「気をつけなきゃ!」と思ってケアする人が多いんだと思います。

 

しかし、頭皮や髪の毛にとっても、紫外線の影響は大きなものです。

  • 髪の毛のキューティクルが剥がれてしまう
  • 頭皮が乾燥してしまう
  • 肌の老化が進んでしまう

紫外線によって髪が日焼けすると、キューティクルが傷つくだけではなく、メラニン色素が分解されて「赤茶色」徐々に変わっていきます。

当然、キューティクルが剥がれてしまっているので、髪は傷んでいくばかり。。。

 

また、肌とは違って髪の毛は、自分で傷みを補修する力を持っていません。

つまり、一度髪の毛が日焼けしてしまったら、元には戻せないのです。

 

日焼けした髪を補修しようと思ったら、新しく健康な髪が生えてくるのを待つしかありません。

頭皮と髪を守る紫外線対策とは!?


じゃあ、どうやって紫外線から頭皮と髪を守ったらいいの?

紫外線から頭皮と髪を守るには、紫外線対策の基本をしっかり守って生活することが大切です。

 

まず、外出する時は、

  • 日傘を差す
  • 帽子を被る
  • なるべく日陰を歩く

こんな基本的なことに気を遣う習慣をつけましょう。

 

お話したように、曇の日も紫外線は降り注いでいるので、日傘が面倒くさかったら、帽子をうまく活用しましょう。

とくに、髪の分け目は日焼けしやすいので、頭頂部を紫外線にあてないように心がけることも大切です。

 

ただし、帽子が蒸れてしまうと、頭皮の臭いや雑菌を増やすことに。。。通気性が良いものを選んで、かぶりっぱなしには注意しましょう!

髪や頭皮用の日焼け止めを使って紫外線から守る

髪や頭皮用の日焼け止めを使って紫外線から守る

髪や頭皮用には、スプレー状の日焼け止めが市販されているので、これを使うのも一つの方法でおすすめです。

ただし、日焼け止めを使う時は、必要な量をしっかり使わないと効果が期待できないって知ってますか?


日焼け止めって、
SPFが高いものを選べばいいんじゃないの?

と思っている人も多いと思いますが、実はSPFは、その数値の効果を発揮するには、
使う面積に対しての必要量が大体決まっています。

 

例えば、顔全体の面積に対してSPF数値の効果を発揮させるには、液状のものは手のひらに吹き付けて直径5センチ大の量が必要と言われています。

 

つまり、SPF50の日焼け止めの効果を得るには、使う面積と量を考えないと、効果はどんどん半減してしまうということです。

 

たとえ、SPF50が日焼け止めでも、使い方によってはSPF13やSPF3になり得るのです。

SPF15を下回ると、日焼け止めの効果はほとんど無いとされています。

 

適量をしっかり使うことは、日焼け止めの効果を発揮させる上でとても大切なのです。

ビーチや山はとくに紫外線に注意して!

ビーチや山はとくに紫外線に注意して!

夏は海に行く人も多いと思いますが、どうしても紫外線を受けやすい環境に身を置いてしまいますよね。

海水の影響で髪が乾燥しやすくもなります。

 

山も標高が高くなると紫外線量が多くなります。

帽子や日焼け止めスプレーを持参して、普段以上に紫外線対策に注意する必要があります。

 

日焼け止めを使った日は、頭皮や髪をしっかりシャンプーで洗い流すことも大切。

洗い残しが頭皮のトラブルに繋がることもあるので、いつも以上に丁寧に2度洗いをすることをおすすめします。

「頭皮や髪も日焼けする!?紫外線対策のポイントまとめました。」まとめ

いかがでしたか?

頭皮や髪の紫外線対策についてお話してきました。

基本的なことが多いですが、それをしっかり守れているかと言われれば、なかなか自信が無い、という人も多いかもしれません。

 

肌の老化の6割は、紫外線によるものだと言われています。

それは髪や頭皮にとっても同じこと。健康な頭皮と髪をずっと維持するためにも、早いうちから気をつけておくといいですよ♪

 

また、紫外線や日焼けなどのダメージヘアのケアには、「頭皮に優しいシャンプー」がおすすめ。

以下の記事では、頭皮に優しいシャンプーについてお話ししているので、ぜひ参考にしてくださいね。

関連記事

髪にいい生活はNG生活習慣を知ることから始めよう!

髪にいい生活はNG生活習慣を知ることから始めよう!

頭皮が臭い理由は皮脂!?間違ったヘアケアと生活の乱れには要注意!

これなら今日からできる♡髪が綺麗になる3つの方法

悪い成分が入っていないシャンプーって?成分表の歩き方

髪や頭皮の老化現象とは!?女性ホルモンとの親密な関係

頭皮の日焼けは要注意!ケア術と頭皮のダメージについておしえます!