キレイな頭皮と髪にはなぜ睡眠が必要?快眠で頭皮美人に!

キレイな頭皮と髪にはなぜ睡眠が必要?快眠で頭皮美人に!
Aiko

Aiko
ママさん美容師のAikoです。

キレイな頭皮や髪でいたいなら、『睡眠』を大切にするのが1番って知っていますか?

今回は、「快眠が頭皮や髪をキレイにする理由」
についてお話しますね
(*´ー`)ゞ

キレイな頭皮や髪は『良い睡眠』が作ってくれる!


最近、睡眠不足…
髪も肌もなんだか調子が悪い…

 

「忙しくて、ついつい夜更かし。眠るのが明け方、、、」こんな生活を送っていませんか?

睡眠は、頭皮や髪の健康にも欠かせない大切なものです。

 

よく眠らないと「美容や健康に悪い」ということは、誰でもなんとなく理解できると思いますが、実際にどうして頭皮や髪に悪影響を与えるのか分かっていない人も多いと思います。

 

この記事では、「どうして頭皮や髪に「睡眠」が必要なのか!?」その謎に迫ってみたいと思います!

キレイな頭皮や髪は、良い睡眠が作ってくれます♪

快眠のために気をつけたいこともシェアするので、試してみてください!

どうして頭皮や髪には『良い睡眠』が必要なの!?


何時ころお布団に入るの?

だいたい深夜の1時とか、2時のときもあるかな。。。

結構遅くまで起きているわね。。。
「お肌のゴールデンタイム」って聞いたことある!?

一度は聞き覚えがある人が多いかもしれない「お肌のゴールデンタイム」

午後10時から午前2時の間を指すことが多く、この間にしっかり睡眠をとっておくと、お肌の調子が良くなると言われています。

 

これは、頭皮や髪にとっても同じ。頭皮と髪のゴールデンタイムとも言えるのです。

 

それはなぜかというと、睡眠を促す「睡眠ホルモン」という物質が関係しています。

この図は、「睡眠ホルモン」のリズム(血中メラトニン濃度の分泌リズム)を表しています。

血中メラトニン濃度

睡眠ホルモンは、朝の日の光を浴びてから約14時間後に分泌が始まると言われています。(この図は、午前7時に起きたときの場合)

 

つまり、午後9時くらいに睡眠ホルモンが出始めて、午後10時くらいにちょうど体は「睡眠に入っていきやすい時間帯」になります。

 

 

そして、ここからがとても大事なのですが、活き活きとキレイな髪を保つには、お肌と同じように「成長ホルモン」が欠かせません。

 

この成長ホルモンは、眠った直後の深い眠り(ノンレム睡眠)のとき、1番分泌されるように体はプログラミングされています。

しかも、1日の7割がこの時間帯に分泌されると言われているため、これを逃してしまうと髪や肌を成長させる力が鈍ってしまうのです。

 

睡眠に入っていきやすい時間帯を逃すと、深い眠りに入りにくくなるので、成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまいます。

 

ただし、午後10時にこだわる必要はなく、自分の睡眠リズムをしっかり整えて睡眠をしっかり取ることが大切です。

「午後10時にはとても眠れない。。。」という人が大半だと思いますから、

  • 自分が起きる時間から計算して睡眠ホルモンの分泌時間を知る
  • 睡眠時間は最低6時間取ることを考えて、規則正しい睡眠リズムを整える

これを実践していきましょう!

頭皮美人を作る「快眠習慣」


今日からちゃんと眠るようにしなきゃ!

でも、なかなか快眠ができないのよね。。。

成長ホルモンのことを知ると、頭皮や髪をきれいに健康にするには、「快眠習慣」が欠かせないな、と思ったのではないでしょうか。

 

でも、「なかなか眠れない」とお悩みの人も多いはず。

ここからは、快眠するために出来ることをいくつかご紹介していきます♪「これなら今日から出来そうかも!」と思ったものから、お試しください!

お風呂は眠る2〜3時間前がベストタイミング!

「お風呂に入って体が温まって、少し時間がたって体温が下がるとき」これが人間が眠くなるタイミングと言われています。

 

就寝時間の2〜3時間前にお風呂に入ると、ちょうどそのタイミングが就寝時に訪れます!

眠る前から寝室の明かりは薄暗くする!間接照明がおすすめ!

眠る直前まで蛍光灯の青白い光の中にいると、脳は活動しようと信号を出すので、なかなか眠りの体制に入っていけません。

 

寝室は、柔らかい間接照明の光に変えるのがおすすめです。

脳も体も眠りの準備が整いやすくなります。

眠る3時間前までにご飯やお酒は済ませて!

就寝前の食事やアルコールは、深い眠りを妨げてしまいます。

 

眠る前にお酒を飲んだほうがよく眠れる、という人もいますが、アルコールは「深い眠り」を妨げるので、逆効果です。

胃腸にも良くないので、眠る3時間前を目安に終わらせるのが正解です!

寝る前はスマホは見ない!PCも開かない!

スマホやPCを見ていると、刺激で脳が働いてしまい寝付きが悪くなります。

眠る1時間前には電源をOFFにして、ベッドには持ち込まないようにしましょう。

 

最初は抵抗があるかもしれませんが、スマホやPCがないほうが眠る前はリラックスできることに気付くはずです。

軽い運動をして体を適度に疲れさせる!

うまく眠れない日が続いたときは、意識的に運動をして体を疲れさせましょう。

 

仕事帰りに少しだけジムに寄る、ひと駅分ウォーキングして帰る、など、激しい運動をする必要はありませんが、少し疲労感があると眠りに入りやすくなります。

「キレイな頭皮と髪にはなぜ睡眠が必要?快眠で頭皮美人に!」まとめ

いかがでしたか?

「頭皮や髪の健康と睡眠の関係」がお分かりいただけたら嬉しいです♪

 

頭皮や髪を美しく保つためには、良い睡眠は欠かせません。毎日の生活スタイルを見直して、「快眠習慣」を作っていきましょう。

 

また、頭皮や髪をイキイキ健康的にするには、普段使っているシャンプー選びも重要です。

  • 最近、頭皮のニオイが気になる
  • 髪がベタベタする
  • 頭皮や髪の傷みが心配

もしもそんな悩みがあるなら、「頭皮や髪に負担をかけない優しいシャンプー」を使ってヘアケアをしましょう。

 

こちらの記事でシャンプー選びについても書いているので、参考にしてくださいね♪

わたしが愛用する「髪に優しいシャンプー」おすすめまとめ。
髪に優しいシャンプーとは「頭皮に優しいシャンプー」のこと 「キレイな髪を育てたい」「髪に安全なものを」という思いから、髪に...

関連記事

気になる頭皮の臭いを『アロマの力』で改善する方法

お肌や髪、心が疲れ気味で元気がない…そんなときは柑橘系がおすすめ!

お肌や髪、心が疲れ気味で元気がない…そんなときは柑橘系がおすすめ!

頭皮の血行を良くする!オーガニックシャンプーでマッサージ!

ストレスは忘れたころ頭皮にダメージを与える!ストレスと仲良くする方法