これで迷わない!自分に合った正しいシャンプーの選び方

これで迷わない!自分に合った正しいシャンプーの選び方
Aiko

Aiko
ママさん美容師のAikoです。

「今使っているシャンプーが、どうも自分に合っていない気がする…」こんなふうに悩んでいませんか?

今回は、「自分に合った正しいシャンプーの選び方」
についてお話しますね
(*´ー`)ゞ

頭皮や髪の状態に合った自分に合ったシャンプーを選ぼう!

あなたが使っているシャンプーは、自分の頭皮や髪の状態に合っていますか?


最近、頭皮の臭いが気になる。。。

なんだか頭皮がかゆい。。。

髪がベタついて脂っぽい。。。

もしも、こんな頭皮や髪のトラブルを抱えているなら、真っ先に考えるべきは、シャンプー選びが間違っているかもしれないということです。

 

「ずっと使っているから」「有名なブランドのものだから」と、自分の頭皮や髪の状態に合わないシャンプーを使っていると、これらのトラブルはなかなか改善しません。

 

頭皮や髪の状態は、年齢やライフスタイルによって変化していくものです。

その変化を見逃さずに、「自分に合ったシャンプー選び」をして、頭皮や髪をイキイキさせましょう!

 

ここからは、「自分に合ったシャンプー選び」というテーマでお話していくので、きっと自分はどんなシャンプーを選んだらいいのか、その答えが出ると思いますよ!

自分に合ったシャンプー選びをしたほうがいいのはどうして!?

自分に合ったシャンプー選びをしたほうがいいのはどうして!?

あなたがシャンプー選びで迷っている理由は、最初にお話ししたような、頭皮や髪のトラブルを改善したいから?それとも、シャンプー自体が合わないと感じたからでしょうか?

 

いずれにしても、「自分に合ったシャンプーを選びたい」というのは、頭皮や髪にとって優しいものを選びたいという気持ちの現れだと思います。

 

頭皮に関しては、

  • 地肌が青白い
  • 適度に皮脂がある
  • 皮膚に異常がない

3つのポイントをクリアしていれば「健やかな頭皮」と言えます。

 

もしも、「頭皮の臭い」があったり、「かゆみ」「フケ」「皮脂が多く分泌される」など気になることがあれば、

シャンプー選びを間違えている可能性が否定できません。

 

もちろん、他にもいろいろな理由が重なってトラブルを引き起こしますが、1番簡単に変えられるのはシャンプーですし、1番効果的に頭皮や髪をケアできるのもシャンプーです。

今のあなたの頭皮や髪の状態に合うシャンプーを見つけて、ヘアケアしていくことで、頭皮や髪のトラブルは改善するかもしれません。

 

まずは、シャンプーにはどんな種類があるのか、それを知ることから始めましょう!

自分に合ったシャンプー選びはシャンプーの種類を知ることから!


シャンプーの種類って、
何によって分けられるの?

 

シャンプーは、洗浄成分によって大きく3種類に分けられます。

  • アルコール系
  • 石鹸系
  • アミノ酸系

自分に合ったシャンプーは、この洗浄成分によって変わってくると言えるので、ここは必ず押さえておくべきポイントですね。

洗浄成分がアルコール系のシャンプーその特徴と成分

まずは、アルコール系のシャンプーの特徴と成分を知りましょう。

近所の薬局やスーパーなどで市販されているのは、このタイプのシャンプーが1番多く、手軽に買えて、価格も安いので、きっと一度は使ったことがあると思います。

使用している人も1番多いかもしれません。

 

主に洗浄成分として使われているのは

  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • 硫酸アンモニウム

などで、よく泡立ち、洗い心地がとても良いシャンプーが出来上がります。

洗浄力と脱脂力が強いのも特徴ですね。

 

ただし、その代償として、頭皮への刺激が強い傾向にあるので、シャンプー時は丁寧にすすぐことが大切です。

表にまとめると、こんな感じになります。

頭皮への優しさ
頭皮トラブル心配度 高い
洗浄力・脱脂力
頭皮への刺激 強い
どんな人が使うべき? 頭皮がベタベタする

オイリー肌

どんな人は避けるべき? 頭皮にトラブルを抱えている

肌が弱い人

洗浄成分がせっけん系のシャンプーその特徴と成分

洗浄成分がせっけん系のシャンプーその特徴と成分

次は、石けん系のシャンプーの特徴と成分を見ていきましょう。

 

石けん系シャンプーは、洗浄成分がせっけんで出来ているので「安心・安全」というイメージが強いシャンプーです。

原料は天然で無添加のことが多く、せっけん成分なのでとっても洗浄力は高いです。

 

洗浄成分の表記は

  • 石けん素地
  • 脂肪酸カリウム
  • 脂肪酸ナトリウム

などで、石けん系シャンプーに含まれる成分は、シンプルなものが多いです。

そのためか、「ナチュラル志向」の人たちには受け入れやすいかもしれません。

 

ただし、洗浄力が強いので、必要以上に頭皮の皮脂や髪の油分を取り除いてしまいやすく、乾燥したり髪がきしんだり、扱いにくいこともあります。

石けんカスがフケのように残ってしまうことがあるので、他のシャンプーよりもしっかりすすぐことが大切と言えます。

頭皮への優しさ
頭皮トラブル心配度 少ない
洗浄力・脱脂力
頭皮への刺激 少ない
どんな人が使うべき? オイリー肌
どんな人は避けるべき? 髪が長い人

頭皮が乾燥気味な人

洗浄成分がアミノ酸系のシャンプーその特徴と成分

洗浄成分がアミノ酸系のシャンプーその特徴と成分

最後に、アミノ酸系シャンプーの特徴と成分を知りましょう。

 

アミノ酸系のシャンプーは、洗浄成分にアミノ酸成分を使っていて、頭皮にも髪にも優しいシャンプーと言われています。

なぜかというと、合成界面活性剤の中にアミノ酸が使われていると、洗浄力や頭皮への刺激がマイルドになるからです。

洗浄成分の表記は

  • ココイルグリシンナトリウム
  • ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム
  • ココイルグルタミン酸ナトリウム
  • ココアンホ酢酸ナトリウム

などで、「グルタミン酸」「グリシン」「アラニン」などの名前が記載されているものが、アミノ酸系のシャンプーと考えてください。

 

アミノ酸系シャンプーは、他のシャンプーよりも原材料が高いので、価格も高めな場合が多いですが、

  • 頭皮トラブルを抱えている人
  • 肌の弱い人
  • 髪の乾燥、ダメージを受けている人

には最適な洗浄成分を持ったシャンプーです。

洗浄力や脱脂力はマイルドになるので、丁寧にシャンプーをする必要はありますが、頭皮や髪には優しいため、1番おすすめできるシャンプーです。

頭皮への優しさ
頭皮トラブル心配度 少ない
洗浄力・脱脂力
頭皮への刺激 優しい
どんな人が使うべき? 頭皮トラブルを抱えている人

乾燥気味な人

肌が弱い人

アレルギーのある人

どんな人は避けるべき? 頭皮が過度にオイリーな人

自分に合ったシャンプー選びはとても大切!

このように、シャンプーは「洗浄成分」によって、特徴がかなり違ってくることがお分かりいただけると思います。

 

例えばあなたが、「頭皮のニオイ」「かゆみ」などのトラブルを抱えているなら、「アミノ酸系のシャンプー」を選ぶと良いですね。

それぞれのシャンプーの特徴を見ればわかりますが、

  • 頭皮への刺激が少ないもの
  • 皮脂を落とし過ぎないもの

を選ぶべきだからです。

洗浄力や脱脂力が強すぎると、必要な皮脂を洗い流してしまって逆効果なので、マイルドな洗浄力で丁寧にシャンプーするのがおすすめ、というわけです。

 

あなたの頭皮や髪の「今」の状態に合わせて、「自分に合ったシャンプー」を選ぶことはとても大切。ぜひ、参考にしてくださいね。

 

ちなみに、わたしが1番おすすめできる『アミノ酸系シャンプー』については、下記の記事にまとめています。

あなたのシャンプー選びのお役に立てれば嬉しいです♪

関連記事

悪い成分が入っていないシャンプーって?成分表の歩き方

これなら今日からできる♡髪が綺麗になる3つの方法

頭皮が臭いなら食べ物にも注意!ポイントはバランスにあり!

頭皮が臭いなら食べ物にも注意!ポイントはバランスにあり!

頭皮は経皮毒の影響を受けやすい!?安心できるシャンプーおすすめは?

頭皮は経皮毒の影響を受けやすい!?安心できるシャンプーおすすめは?

髪や頭皮の老化現象とは!?女性ホルモンとの親密な関係

頭皮や髪も日焼けする!?紫外線対策のポイントまとめました。

頭皮や髪も日焼けする!?紫外線対策のポイントまとめました。